2008年02月18日

Who am I? テストを履歴書に活かす

前回は、Who am I?テストについて説明しました。

今回は、具体的にその結果を履歴書にどう活かすをお話したいと思います。
まず、15回〜20回目のWho am I?が、自分の内面を表すと説明しました。

では、この深層心理の中で、
例えば、「私は本当は○○をやりたい」という項目がでたり、
「私は、犬が好き」という出たりしてくるのです。


実は、これは、キャリアカウンセリングでいう、
内的キャリア・外的キャリアというものなのです。

つまり、始めの1〜10項目程度は、外から見られているモノ、つまり、る職業や、出身地などが出てくるもので、自分でも普段から意識しているものです。

しかし、15から後は、内面の欲求や性格が出てきます。
これを、貴方の自己実現とつなげて考えると良いでしょう。

キャリアとは、”職”ではなく、究極的にはどうやって生きていくかというものです。 つまり、その生き方(自己実現)に向かっていくには、どうしたらいいのかというのが、現在とるべきキャリアの方向性であり、多くの中から選ぶ1社であるわけです。


ここが、分析できている方と、できていない方では、
履歴書の志望動機や、自己PRなどの書き方が大きく変わってきます。


ですので、まずは、自己分析として、Who am I? テストをやってみてください。
posted by happyresumemaker at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84661945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。